臨床研究法下の研究 利益相反様式作成について

本院の研究者が、当事務局に利益相反状況の確認を申請する場合の、利益相反様式の全体像

(1)本院単独研究の研究責任医師の場合
作成者 内容 提出先
様式A 利益相反管理基準 研究責任医師 本研究と関わりのある企業等との利益相反の状態を適切に管理する。厚労省発出の基準の採用が強く推奨される。 利益相反審査委員会事務局 (最終提出先は、認定臨床研究審査委員会)
様式B 関係企業報告書 研究責任医師 本研究への企業等の関与の有無を判定する。該当する企業等がある場合、研究への関与について明らかにし、管理計画(様式E)を立てる。 研究分担医師等 (様式Cの作成者欄を参照)
様式C 利益相反自己申告書 ①研究責任医師
②研究分担医師
③統計解析責任者
④利益を得ることが明白な者
本研究に関与する企業等と、本研究課題に参加する研究者との間の個人的利益関係の有無を把握し、報告する。 利益相反審査委員会事務局
様式D 利益相反状況確認報告書 利益相反審査委員会 様式Cについて、本院で把握している情報と申告書の内容が合致しているか照合する。 研究責任医師
様式E 利益相反管理計画 研究責任医師 様式BとDの内容を反映させたものを作成し、提出する。 認定臨床研究審査委員会

表は横にスクロールしてご覧いただけます

(2)多施設共同研究の研究代表医師の場合
作成者 内容 提出先
様式A 利益相反管理基準 研究代表医師 本研究と関わりのある企業等との利益相反の状態を適切に管理する。厚労省発出の基準の採用が強く推奨される。 利益相反審査委員会事務局 (最終提出先は、認定臨床研究審査委員会)
様式B 関係企業報告書 研究代表医師 本研究への企業等の関与の有無を判定する。該当する企業等がある場合、研究への関与について明らかにし、管理計画(様式E)を立てる。 本院の研究分担医師等、および各施設の研究責任医師
様式C 利益相反自己申告書 以下、本院関係者のみ
①研究代表医師
②研究分担医師
③統計解析責任者
④利益を得ることが明白な者
本研究に関与する企業等と、本研究課題に参加する研究者との間の個人的利益関係の有無を把握し、報告する。 利益相反審査委員会事務局
様式D 利益相反状況確認報告書 利益相反審査委員会 様式Cについて、本院で把握している情報と申告書の内容が合致しているか照合する。 研究代表医師
様式E 利益相反管理計画 研究代表医師 各施設で様式BとDの内容を反映させたものを作成し、全施設分をまとめて提出する。 認定臨床研究審査委員会

表は横にスクロールしてご覧いただけます

(3)多施設共同研究の研究責任医師の場合(他施設が主導する研究の場合)
作成者 内容 提出先
様式A 利益相反管理基準 研究代表医師 研究代表医師から、各参加施設の研究責任医師へ送付されたもの。 利益相反審査委員会事務局
様式B 関係企業報告書 研究代表医師 研究代表医師から、各参加施設の研究責任医師へ送付されたもの。 本院の研究分担医師等
様式C 利益相反自己申告書 以下、本院関係者のみ
①研究責任医師
②研究分担医師
③統計解析責任者
④利益を得ることが明白な者
本研究に関与する企業等と、本研究課題に参加する研究者との間の個人的利益関係の有無を把握し、報告する。 利益相反審査委員会事務局
様式D 利益相反状況確認報告書 利益相反審査委員会 様式Cについて、本院で把握している情報と申告書の内容が合致しているか照合する。 研究責任医師
様式E 利益相反管理計画 研究責任医師(本院分) 様式BとDの内容を反映させたものを作成し、提出する。 研究代表医師
研究代表医師(全体) 全施設分をまとめて提出する。 認定臨床研究審査委員会

表は横にスクロールしてご覧いただけます

様式作成にあたり

ご入力いただかなければいけない箇所は、黄色表示されるセル(金額などの値を直接入力していただきます)と、青色表示されるセル(プルダウンが表示され当てはまるものを選択していただきます)です。記入が不要な部分はグレーアウトされます。

経過措置にあたる研究の場合

経過措置に該当する臨床研究については、確認に時間を要する研究者個人の利益相反に関する部分は初回定期報告の際に提出することで差し支えありません。本院主導の研究の場合はご不明な点がございましたら当事務局にご相談ください。他施設主導の研究の場合は、研究グループの方針を研究事務局にご確認ください。

お問い合わせ・連絡先

国立大学法人 北海道大学病院 臨床研究監理部 利益相反審査委員会事務局
011-706-8538
coi_review@huhp.hokudai.ac.jp
TOP